プロ野球バカ一代

プロ野球ファンでプロ野球バカの私が、各球団の情報満載でお送りします。

プロ野球 記録室

プロ野球セリーグの歴代MVP受賞者一覧|最多受賞者は?

投稿日:2018年11月28日 更新日:

プロ野球 セリーグ 歴代 MVP 受賞者 一覧 最多 最年少 最年長 連続

プロ野球のシーズンが終わると数々の表彰が行われますね。

個人のタイトルの表彰は数字でハッキリと表れていますので、あらかじめ分かっているものですが、リーグMVPに関してはファンは当日になるまで分からないものですから、楽しみですよね!

2018年のセ・リーグMVPは2年連続で広島カープの丸佳浩選手が受賞しましたが、過去に連続でMVPを受賞した選手は居るのでしょうか?

そして、最多受賞者、最年少受賞者、最年長受賞者は誰なのでしょうか?

ここでは、2018年シーズン終了時点でセ・リーグの過去の歴代のセリーグMVP受賞者と主な成績を紹介しますので、楽しんでいってくださいね!

ちなみに、2リーグ制以降のセ・リーグMVPを紹介しますので、1950年以降の一覧を紹介します。

スポンサーリンク

歴代セリーグMVP受賞者1950年代

1950年以前の1リーグ制時代に受賞した選手は、受賞回数にカウントします。

選手名 球団 受賞回数 主な成績
1950 小鶴誠 松竹 打率.355
51HR
161打点
143得点
376塁打
1951 川上哲治 巨人 2回目 打率.377
6三振
1952 別所毅彦 巨人 33勝13敗
防御率1.94
1953 大友工 巨人 27勝6敗
防御率1.86
1954 杉下茂 中日 32勝12敗
防御率1.39
273奪三振
1955 川上哲治 巨人 3回目 打率.338
79打点
147安打
1956 別所毅彦 巨人 2回目 27勝15敗
防御率1.93
1957 与那嶺要 巨人 打率.343
160安打
1958 藤田元司 巨人 27勝11敗
防御率1.53
1959 藤田元司 巨人 2年連続
2回目
27勝11敗
防御率1.83

巨人の選手が多いですね!

1950年代のセ・リーグMVPは全て優勝球団から選出されました。

この時点で、最多受賞者は巨人の川上哲治選手の3回(1リーグ時代の1回を含む)で、連続受賞の最長は巨人の藤田元司投手の2年連続です。

ちなみに、1950年の小鶴誠選手の「161打点」「143得点」「376塁打」の3つの記録はシーズンの日本記録で、1951年の川上哲治選手の「三振6」は、規定打席到達者の中で日本最少記録です。

歴代セリーグMVP受賞者1960年代

選手名 球団 受賞回数 主な成績
1960 秋山登 大洋 21勝10敗
防御率1.75
1961 長嶋茂雄 巨人 打率.353
28HR
86打点
158安打
1962 村山実 阪神 25勝13敗
防御率1.20
265奪三振
1963 長嶋茂雄 巨人 2回目 打率.341
37HR
112打点
163安打
1964 王貞治 巨人 打率.320
55HR
119打点
1965 王貞治 巨人 2年連続
2回目
打率.322
42HR
104打点
1966 長嶋茂雄 巨人 3回目 打率.344
105打点
163安打
1967 王貞治 巨人 3回目 打率.326
47HR
108打点
1968 長嶋茂雄 巨人 4回目 打率.318
39HR
125打点
157安打
1969 王貞治 巨人 4回目 打率.345
44HR
103打点
156安打

1960年代は巨人の長嶋茂雄選手と王貞治選手がほとんどですね!

1960年代のセ・リーグMVPは、1964年は優勝球団(阪神)以外から選出されました。

この時点で、最多受賞者は巨人の長嶋茂雄選手と王貞治選手の4回で、連続受賞の最長は巨人の藤田元司投手と王貞治選手の2年連続です。

歴代セリーグMVP受賞者1970年代

選手名 球団 受賞回数 主な成績
1970 王貞治 巨人 2年連続
5回目
打率.325
47HR
93打点
138安打
1971 長嶋茂雄 巨人 5回目 打率.320
34HR
86打点
155安打
1972 堀内恒夫 巨人 26勝9敗
防御率2.91
203奪三振
1973 王貞治 巨人 6回目 三冠王
打率.355
51HR
114打点
152安打
1974 王貞治 巨人 2年連続
7回目
三冠王
打率.332
49HR
107打点
158四球
45敬遠
1975 山本浩二 広島 打率.319
30HR
84打点
1976 王貞治 巨人 8回目 打率.325
49HR
123打点
1977 王貞治 巨人 2年連続
9回目
打率.324
50HR
124打点
1978 若松勉 ヤクルト 打率.341
157安打
1979 江夏豊 広島 9勝5敗22S
防御率2.66

1970年代も巨人の選手が多いですね!

1970年代のセ・リーグMVPは、1974年は優勝球団(中日)以外から選出されました。

この時点で、最多受賞者は巨人の王貞治選手の9回で、連続受賞の最長は巨人の藤田元司投手と王貞治選手の2年連続です。

ちなみに、1974年の王貞治選手の「158四球」「45敬遠」は、日本記録です。

歴代セリーグMVP受賞者1980年代

選手名 球団 受賞回数 主な成績
1980 山本浩二 広島 2回目 打率.336
44HR
112打点
1981 江川卓 巨人 20勝6敗
防御率2.29
221奪三振
1982 中尾孝義 中日 打率.282
18HR
47打点
1983 原辰徳 巨人 打率.302
32HR
103打点
1984 衣笠祥雄 広島 打率.329
31HR
102打点
1985 ランディ・
バース
阪神 三冠王
打率.350
54HR
134打点
174安打
1986 北別府学 広島 18勝4敗
防御率2.43
1987 山倉和博 巨人 打率.273
22HR
66打点
1988 郭源治 中日 7勝6敗37S
防御率1.95
1989 ウォーレン・
クロマティ
巨人 打率.378
15HR
72打点
166安打

1980年代以降は様々な選手がセリーグMVPを受賞しています。

1980年代のセ・リーグMVPは全て優勝球団から選出されました。

この時点で、最多受賞者は今後塗り替えることが不可能であろう巨人の王貞治選手の9回で、連続受賞の最長は巨人の藤田元司投手と王貞治選手の2年連続です。

1982年と1987年のMVPは、捕手から選出されています。

打撃成績そのものは突出していませんが、ベストナインとゴールデングラブ賞をダブル受賞するなど、扇の要として優勝に貢献したことが評価されたのでしょう。

歴代セリーグMVP受賞者1990年代

選手名 球団 受賞回数 主な成績
1990 斎藤雅樹 巨人 20勝5敗
防御率2.17
1991 佐々岡真司 広島 17勝9敗
防御率2.44
213奪三振
1992 ジャック・
ハウエル
ヤクルト 打率.331
38HR
87打点
1993 古田敦也 ヤクルト 打率.308
17HR
75打点
161安打
阻止率.644
1994 桑田真澄 巨人 14勝11敗1S
防御率2.52
185奪三振
1995 トーマス・
オマリー
ヤクルト 打率.302
31HR
87打点
1996 松井秀喜 巨人 打率.314
38HR
99打点
1997 古田敦也 ヤクルト 2回目 打率.322
86打点
164安打
阻止率.459
1998 佐々木主浩 横浜 1勝1敗45S
防御率0.64
1999 野口茂樹 中日 19勝7敗
防御率2.65

1990年代も様々な選手がセリーグMVPを受賞していますが、2回受賞したのはヤクルト黄金期を支えた古田敦也捕手ですね。

1990年代のセ・リーグMVPは全て優勝球団から選出されました。

ちなみに、1993年にMVPを獲得した時の古田敦也捕手が記録した、シーズン盗塁阻止率.644は、日本記録です。

スポンサーリンク

歴代セリーグMVP受賞者2000年代

選手名 球団 受賞回数 主な成績
2000 松井秀喜 巨人 2回目 打率.316
42HR
108打点
2001 ロベルト・
ペタジーニ
ヤクルト 打率.322
39HR
127打点
2002 松井秀喜 巨人 3回目 打率.334
50HR
107打点
2003 井川慶 阪神 20勝5敗
防御率2.80
179奪三振
2004 川上憲伸 中日 17勝7敗
防御率3.32
176奪三振
2005 金本知憲 阪神 打率.327
40HR
125打点
183安打
2006 福留孝介 中日 打率.351
31HR
104打点
174安打
2007 小笠原道大 巨人 2回目
打率.313
31HR
88打点
177安打
2008 アレックス・
ラミレス
巨人 打率.319
45HR
125打点
175安打
2009 アレックス・
ラミレス
巨人 2年連続
2回目
打率.322
31HR
103打点
186安打

2000年代は、やや巨人の選手が多めですね。2回受賞したのはアレックス・ラミレス選手と松井秀喜選手ですね。

松井秀喜選手は1996年の受賞と合わせて通算3回のセリーグMVP受賞となり、1967年の王貞治選手以来、3回目のセリーグMVPの受賞となりました。

2000年代のセ・リーグMVPは全て優勝球団から選出されました。


2007年の小笠原道大選手は、前年の2006年に日本ハムでパ・リーグMVPを受賞していて、リーグをまたいで2年連続のMVP受賞となっていますので、「初受賞」ではなく「2回目」の受賞と紹介しています。また、リーグをまたいでのMVPの連続受賞は唯一の記録です。

歴代セリーグMVP受賞者2010年代

選手名 球団 受賞回数 主な成績
2010 和田一浩 中日 打率.339
37HR
93打点
2011 浅尾拓也 中日 7勝2敗
10S 45H
防御率0.41
2012 阿部慎之助 巨人 打率.340
27HR
104打点
2013 ウラジミール・
バレンティン
ヤクルト 打率.330
60HR
131打点
長打率.779
2014 菅野智之 巨人 12勝5敗
防御率2.33
2015 山田哲人 ヤクルト 打率.329
38HR
100打点
183安打
34盗塁
2016 新井貴浩 広島 打率.300
19HR
101打点
2017 丸佳浩 広島 打率.308
23HR
92打点
171安打
2018 丸佳浩 広島 2年連続
2回目
打率.306
39HR
97打点
2019

2010年代のセ・リーグMVPは、2013年のバレンティン選手が優勝球団(巨人)以外から選出されただけでなく、史上初の最下位のチームからの選出となりました。

この年のバレンティン選手の活躍は凄まじく、日本プロ野球記録の「60本塁打」「長打率.779」を残しましたから、異例の受賞となったわけですね。

丸佳浩選手は2017・2018年の2年連続のセリーグMVP受賞は、2008・2009年のアレックス・ラミレス選手以来の快挙です。

スポンサーリンク

セリーグMVP最多受賞者は?最年長・最年少などは?

セ・リーグMVPの最多受賞回数選手、最年長、最年少、連続受賞などを紹介しますね!

年齢に関する記録は、そのシーズン開幕前の年齢です。

項目 選手名 詳細
最多受賞 王貞治 9回
連続受賞 藤田元司
王貞治 ※
アレックス・ラミレス
丸佳浩
2年連続
最年長受賞 新井貴浩 39歳
(2016年)
最年少受賞 松井秀喜 21歳
(1996年)


王貞治選手は2年連続の受賞が4度あります。

さて、ここで紹介した記録は、「セ・リーグ」のMVPのそれぞれの記録です。

セ・パ両リーグの記録となると、連続受賞は山田久志投手(76~78年)とイチロー選手(94~96年)の3年連続が最長の連続受賞記録です。

また、最年長記録は門田博光選手(80年)の40歳、最年少記録は稲尾和久投手(57年)の19歳です。

プロ野球パリーグの歴代MVP受賞者一覧|最多受賞者は?

まとめ

セ・リーグMVPについていろいろと書かせていただきました。

やはり、歴代のこういった記録を見てみると、王貞治選手が残した成績の偉大さを改めて知ることが多いですね。

2018年シーズン終了時点で、丸佳浩選手が2年連続のセ・リーグMVP受賞です。3年連続となれば、セ・リーグ史上初、両リーグ最長タイの記録となります!

今後もプロ野球に注目ですね!

-プロ野球 記録室
-, ,

執筆者:

関連記事

2019 2000本安打 達成 記録 最年少 現役 坂本勇人

2019年に2000本安打は無理?現役選手の通算安打数ランキング

2000本安打という記録は、野手としてプロ野球選手になったからには、誰もが目指そうとする大記録であり目標だと思います。 名球会入りを果たす条件は3つあります。 ・通算2000本安打 ・通算200勝 ・ …

岩瀬仁紀 1000試合登板 日本記録

岩瀬仁紀2018年に1000試合登板で引退|年俸推移と成績と記録は?

2018年、プロ野球界最年長となった中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手。 1999年のルーキーイヤーから、「死神の鎌」と呼ばれるスライダーを武器にバッターを打ち取り続けて、2018年にプロ20年目のシーズン …

月間MVP 最多 連続 受賞 いつ 田中将大 最年長 最年少

プロ野球月間MVP最多受賞者や連続受賞記録は?いつから始まった?

プロ野球の表彰の一つである月間MVP。正式名称は「日本生命月間MVP」で、日本生命保険相互会社がスポンサーとなっています。 シーズンMVPとは違って、文字通り月別の成績でその活躍を表彰するのが月間MV …

出塁率 とは 計算式 歴代 ランキング 日本記録

出塁率とは?出塁率の計算式と歴代ランキングと日本記録は?

プロ野球の打者の成績ランキングを見てみると、まず重要視されるのはどんな簡易式なランキングでも「打率」のランキングが表示されますね。 スポーツ新聞でも打者のトップ10が書かれているのは、「打率」「本塁打 …

長打率 とは 計算式 歴代 ランキング 日本記録

長打率とは?長打率の計算式と歴代の長打率ランキングは?

プロ野球の打者の成績を見てみると、どんな簡易式なランキングでも必ず示されている成績は「打率」「本塁打」「打点」でしょうか。 さらに詳しい打撃のランキングだと「安打数」「盗塁」「得点」なども示されている …