プロ野球バカ一代

プロ野球ファンでプロ野球バカの私が、各球団の情報満載でお送りします。

2018 プロ野球 月間MVP

2018年9月10月度の月間MVP候補予想|セリーグ打者部門と投手部門

投稿日:

2018 9月 10月 月間MVP 菅野智之 大山悠輔

2018年のプロ野球ペナントレースもそろそろ終わりを告げようとしていますね。

9月26日に広島カープが優勝を決め、セ・リーグでは巨人以外のチームが、初めてリーグ3連覇を果たすという快挙を成し遂げ、まさにカープの黄金時代の到来を改めて感じさせてくれました。

ですが、クライマックスシリーズ進出争いは熾烈です!

まだまだ目が離せません!

このページを書いているのは、2018年9月30日のペナントレースの試合終了時点ですので、まだ10月の試合は残っていますが、セ・リーグの2018年の「9月10月度月間MVP」の候補を予想していきますので、楽しんでいってくださいね!

スポンサーリンク

セリーグ月間MVP 2018年9月10月 野手部門候補と予想

セ・リーグの月間MVP 2018年9月10月の野手部門の候補選手からチェックしましょう。

月間MVPの打者部門の大きな要素を占める、打率、ホームラン、打点を中心にチェックしていきますね!

9月10月の月間打率の上位陣は?

まずは、打率です。

9月10月の月間MVP候補になるであろう打率上位の選手を見ていきましょう。

先ほども触れましたが9月30日の試合終了時点の成績ですので、正味、9月の月間打率です。

順位 選手名 所属 打率 打数 安打
大山悠輔 阪神 .415 94 39
Z・アルモンテ 中日 .403 77 31
坂本勇人 巨人 .375 72 27
N・ソト 横浜DeNA .365 74 27
D・ビシエド 中日 .357 84 30

阪神タイガースの2年目の若き大砲、大山悠輔選手が凄まじい打棒を見せていますね。

9月16日の横浜DeNAベイスターズ戦では、6打数6安打、3本塁打、7打点という、とんでもない打ちっぷりを見せ、その前後も打ちまくりましたね!

惜しむらくは、シーズン序盤からハイペースで打ってくれていたら…、という点ですね。2019年、阪神の4番を張るくらいになると、非常に大きな楽しみではありますね!

中日ドラゴンズの優秀外国人助っ人の2選手、5月度月間MVPのソイロ・アルモンテ選手、8月度月間MVPのダヤン・ビシエド選手も、素晴らしい活躍でした。

脇腹の怪我から復帰した3月4月度の月間MVPの坂本勇人選手もさすがの打ちっぷりです。

9月10月の月別本塁打と打点の上位陣は?

2018年9月10月度のホームラン数の上位陣をチェックしましょう!

【10本】
N・ソト

【9本】
大山悠輔

【7本】
丸佳浩(広島)
筒香嘉智(横浜DeNA)
J・ロペス(横浜DeNA)

【5本】
岡本和真(巨人)

続いて、打点の上位陣も見ていきましょう!

23:大山悠輔
22:N・ソト
19:丸佳浩
18:雄平(ヤクルト)
17:Z・アルモンテ
17:J・ロペス
17:陽川尚将(阪神)
15:高橋周平(中日)

打率でも4位のネフタリ・ソト選手がホームラン「10本」、打点「22」を記録しています!

また、月間打率4割越えの大山悠輔選手がホームラン「9本」、打点「23」を記録います。

今のペースで行けば、この2選手の一騎打ちでしょうね!

セリーグ野手部門の2018年9月10月の月間MVP候補は?

2018年9月10月28日の試合終了時点での予想になりますが、セ・リーグの2018年9月10月度月間MVPの打者部門は、阪神の大山悠輔選手、横浜DeNAのネフタリ・ソト選手の一騎打ちだと思います。

現段階では、4割越えの打率を記録している大山悠輔選手が一歩リードといったところでしょう。

スポンサーリンク

セリーグ月間MVP 2018年9月10月 投手部門候補と予想

セ・リーグの月間MVP 2018年9月10月の投手部門の候補を予想していきますね。

規定投球回に達している先発投手の成績を中心に、2018年9月10月の成績をチェックしましょう。

勝利数の上位の投手は?

2018年9月30日の試合終了時点での、9月10月度の投手成績で勝ち星の数が上位の投手を見ていきましょう。

選手名 所属 登板数 勝敗数
藤浪晋太郎 阪神 3試合 3勝0敗
菅野智之 巨人 5試合 3勝1敗
東克樹 横浜DeNA 4試合 2勝0敗
今村信貴 巨人 4試合 2勝0敗
笠原祥太郎 中日 3試合 2勝1敗

2018年9月30日の試合終了時点での成績ではこんな感じです。

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手の復活は、私個人的には本当に嬉しいです!

スポンサーリンク

防御率の上位の投手は?

では、規定投球回に到達している投手の中で、9月10月度の月間防御率トップ5の投手と主な成績を見ていきましょう。

選手名 所属 防御率 勝敗
菅野智之 巨人 1.38 3勝1敗
東克樹 横浜DeNA 1.38 2勝0敗
C・メルセデス 広島 2.67 0勝2敗
笠原祥太郎 中日 3.27 2勝1敗
大瀬良大地 広島 3.67 1勝2敗

菅野智之投手が2完封を含めた圧巻の投球を見せていましたね。

東克樹投手も巨人キラーぶりを見せ、素晴らしい投球を見せてくれていました。

セリーグ投手部門の2018年9月10月度の月間MVP候補は?

9月10月度の月間MVPの投手部門の最有力候補は…、

東克樹投手との一騎打ちだとは思いますが、現段階で投球回数が、菅野「39回」、東「26回」ということで大きくリードしている点から、現時点では巨人の菅野智之投手だと思います。

横浜DeNAソトのホームラン数がスゴイ|契約延長と成績と年俸

2018年シーズンで現役引退するプロ野球選手一覧|球団別で

重信や吉川尚輝が台頭しても巨人は丸と浅村をFAで狙うのか?

丸佳浩がFA移籍する可能性は?巨人阪神ロッテの争奪戦か?

まとめ

広島カープの3年連続9回目の優勝を果たした2018年。

相変わらず広島カープは本当に強かったですよね。

さて、2018年9月10月の月間MVPの予想ですが、

野手部門:大山悠輔選手(阪神)
投手部門:菅野智之投手(巨人)

この2選手と予想します!

優勝争いは決着してしまいましたが、クライマックスシリーズ争いがまだまだ続きますので、2018年のセ・リーグに注目していきましょう!

-2018 プロ野球, 月間MVP
-, , ,

執筆者:

関連記事

2018 入団 退団 選手 2017オフ

プロ野球2018年セ・リーグ球団の入団退団選手(2017年オフ)

2018年シーズンが始まるにあたって、2017年シーズンのオフに契約更改、ドラフト会議、外国人助っ人の入団や退団、FA(フリーエージェント)移籍で入団と退団、戦力外での退団など、チーム内での選手の入れ …

2018 9月 10月 月間MVP 菅野智之

月間MVP2018年9月10月受賞者!菅野ソト多和田山川

2018年シーズン9月・10月度の月間MVPの受賞者が発表されましたね! 月間MVPが発表されたのは、10月16日でした。 セ・リーグの9月・10月度の月間MVPは、以下の2選手が選ばれました! セ打 …

セリーグ 2018 5月 月間MVP

2018年5月度の月間MVP候補予想|セリーグ打者部門と投手部門

2018年のプロ野球ペナントレースの熱い戦いが繰り広げられ、早くも5月が終わろうとしていますね。 これを書いているのは2018年5月27日の試合終了時点で、5月29日からセパ交流戦が始まりますので、5 …

2018 8月 月間MVP セ・リーグ 鈴木誠也

2018年8月度の月間MVP候補予想|セリーグ打者部門と投手部門

2018年のプロ野球ペナントレースも終盤に差し掛かり、8月15日に広島カープに優勝マジック「32」が点灯し、その後も順調に減らしていき、8月28日の試合終了時点でマジック「21」としていて、広島カープ …

2018 6月 月間MVP 鈴木誠也

2018年6月度の月間MVP候補予想|セリーグ打者部門と投手部門

2018年のプロ野球も、セ・パ交流戦を終え、セ・リーグのペナントレースの熱い戦いが再開しましたね。 2018年のセ・パ交流戦も、全体的にはパ・リーグに圧倒された形でしたが、ヤクルトスワローズが球団史上 …