プロ野球バカ一代

プロ野球ファンでプロ野球バカの私が、各球団の情報満載でお送りします。

2018 プロ野球

プロ野球リクエスト制度とは?回数は?2018年の新ルール解説

投稿日:2018年4月2日 更新日:

野球 リクエスト 回数 2018

日本プロ野球2018年が開幕しましたね!

セ・リーグもパ・リーグも、3月30日に開幕戦が行われ、各地で熱戦が繰り広げられ、熱い2018年のプロ野球シーズンがやってきました!

さて、2018年のプロ野球で新ルールが2つ採用されたことが話題になりましたね。

・申告敬遠
・リクエスト

この2つですね。

申告敬遠については、コチラのページで紹介しています。
(準備中)申告敬遠とは?申告敬遠導入で消えるドラマと生まれる珍記録

このページで紹介する「リクエスト」ってどのような新ルールなのでしょうね。

どんな状況でも使えるのか?
回数制限はあるのか?

「リクエスト」が採用されることに対するメリットとデメリットを私なりに考えましたので、「ふ~ん、そうなんだ~」という程度の軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

私の意見が正しい!というわけではないですからね(苦笑)。

気楽~な気持ちで読んで下さいね!

スポンサーリンク

プロ野球新ルールのリクエストとは?どんなルールなの?

日本プロ野球の2018年に新しく採用されたルール「リクエスト」について、じっくりと見ていきましょう。

「リクエスト(request)」って割と日本人にとって馴染みのある英単語ではあるのですが、プロ野球で採用されるリクエストって?

当然のことではありますが、

「今日はホームランを打たせてください」
「今日は勝たせてください」

とお願いするリクエストではありません。

「要求する」という意味がある「リクエスト(request)」ですが、プロ野球の新ルールの「リクエスト」は、

・本塁打かファールかどうかの判定
・塁上でのアウトかセーフの判定

この2つに関してのビデオ検証を審判団に要求することができるというルールなんですね。

例えば、ライトのポール際の打球に対して、審判がホームランの判定をした場合、守備側が「ファールじゃないのか?」と感じたら、監督が手で四角(リプレイ映像を見る画面)のジェスチャーを球審に見せることで「リクエスト」の意思を伝えます。

球審がリクエストの意思を告げられた場合、その場面のリプレイ映像を控室で確認します。試合時間が遅れるといけないので必ず5分以内に正式な判定を下します。

「誤審」が試合の流れを左右することが多いということで、「リクエスト」というルールが採用されたということですね。

ただ、試合によっては、先ほど紹介したようなホームランかファールかの判定が微妙なシーン、ショートの深い位置からの送球で1塁の判定が微妙なシーン、盗塁の場面で判定が微妙なシーン、ホームベース上でのクロスプレーの判定が微妙なシーンが何度もある場合もありますよね。

その度に「リクエスト」を申請していたら、5分以内で判定されるとは言え、試合が途切れ途切れになってしまい、正しい判定がされることよりも、試合のリズムが崩れてしまう恐れがあります。

リクエストを何度使ってもいいのか?というと、そうではありませんので、プロ野球でのリクエストの回数に関して、次に見ていきましょう。

スポンサーリンク

プロ野球のリクエストは回数制限がある?

日本プロ野球の2018年に新しく採用されたルール「リクエスト」について、おおよその概要を紹介しました。

ただ、リクエストについては「回数制限」がありますので、その点について見ていきましょう。

基本的には、リクエストは「1試合に2回」という回数制限があります。

正確に言うと「9イニングで2回」そして、「延長戦で1回」という回数制限があります。

当然ですよね。何でもかんでもリクエストというわけにはいきませんからね…。

ただ「9イニングで2回」なのですが、リクエストが成功したら回数は減らず、リクエストが失敗した場合は、回数が減ります。

どういうことなのでしょうか?

先ほど、例で挙げたシーンで説明しますね。

ポール際の大飛球に、審判がホームランの判定をしたのですが、守備側が「ファールじゃないの?」と、監督が球審に「リクエスト」の意思を伝えたとします。

これで、判定が覆って「ファール」になった場合、リクエスト側の判断が正しかったということで、リクエストの回数は減りません。

ただ、最初の判定通り「ホームラン」だった場合は、審判の判定が正しかったということで、リクエストの回数は減ります。

要は、リクエストを出した側の判定に覆った場合は、回数は減らない。判定が覆らなかった場合は、回数が減る、ということですね。

スポンサーリンク

リクエストできる状況は増える?

プロ野球の2018年に新ルールとして採用される「リクエスト」なのですが、使用できる状況は、

・本塁打かファールかどうかの判定
・塁上でのアウトかセーフの判定

この2つです。

2018年に「リクエスト」の新ルールが上手くプロ野球に反映された場合、リクエストができる幅が広がる可能性もありますね。

アウトとセーフの判定は塁上のみで採用されますが、外野のダイビングキャッチなどで、ワンバウンドしてヒットなのか、ノーバウンドでアウトなのかといった状況などでも、採用されるかもしれません。

まさか、ストライク・ボールの判定までリクエストできるようになることは無いとは思いますけどね。

ただ、このまま行くと、飛躍しすぎかもしれませんが、人間の審判不在で、コンピュータが審判をする時代が来るのも遠くない未来かもしれませんね…。

警告試合とは?プロ野球の警告試合ってどうなるの?意味は?

申告敬遠とは?申告敬遠導入で消えるドラマと生まれる珍記録

ゴールデングラブ賞とベストナインの違いは?選出方法と傾向

まとめ

日本プロ野球で2018年から採用される新ルール「リクエスト」について、私なりに色々と考えを巡らせてみました。

リクエストしかり、申告敬遠しかり、採用されたてのルールは、選手にもファンにも、采配を振る監督にも戸惑いはあるでしょうが、徐々に浸透していくでしょうね。

2016年シーズンから採用された「コリジョンルール」も、何となくですが、そういうルールなんだと浸透しましたからね。

2018年のプロ野球は、新ルールが採用されるシーズンということで、その点にも注目して楽しみましょう。

-2018 プロ野球
-, ,

執筆者:

関連記事

村田修一 会見 引退 成績 年俸 素行

村田修一が事実上の引退を会見で発表…通算成績や年俸推移は?

男・村田修一選手がユニフォームを脱ぐ時が来てしまいました。 プロ野球独立リーグのベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の栃木ゴールデンブレーブスに所属していた、元巨人、元横浜の村田修一選手が、 …

2018オフ 2019 入団 退団 引退 FA セリーグ

プロ野球2019年(2018年オフ)セリーグ入団・退団・引退選手一覧

2019年シーズンが開幕するまでの2018年シーズンオフ、ドラフト会議で指名され入団する選手、2019年も現役を続行する選手の契約更改、戦力外を言い渡される選手、退団する選手、外国人助っ人選手の入団や …

2018年の開幕投手は?プロ野球12球団の開幕投手を大胆予想

プロ野球2018年の公式戦、ペナントレースの開幕が待ち遠しいこの時期、プロ野球ファンはご贔屓球団が優勝争いをする戦いぶり、クライマックスシリーズ進出に向けての戦いぶりなど、色々と妄想を巡らせるものです …

2018 7月 月間MVP セ・リーグ 山田哲人

2018年7月度の月間MVP候補予想|セリーグ打者部門と投手部門

2018年も暑い夏に入り、7月中盤からは夏休みに入ったということで、多くの子どもたちが球場に足を運ぶ姿が見受けられるようになりました。 プロ野球、セ・リーグのペナントレースも熱を帯びてきた…と言いたい …

2018 パリーグ タイトル 争い

プロ野球パリーグ2018年のタイトル争い予想【打者編】

プロ野球2018年、パ・リーグ打者のタイトル争いを予想しますね! あくまで「個人的な予想」ですから、ツッコミどころは満載かもしれませんが、そのあたりはスルーしていただけるとありがたいです。 → 201 …