プロ野球バカ一代

プロ野球ファンでプロ野球バカの私が、各球団の情報満載でお送りします。

2018 プロ野球

2018年に20勝する投手が出る可能性は?最近の20勝投手は誰?

投稿日:2018年6月11日 更新日:

田中将大 楽天 イーグルス 20勝 投手

プロ野球2018年シーズンも交流戦真っただ中で、これを書いているのは、2018年6月5日の試合終了時点です。

2018年6月5日の試合終了時点でのセ・パ両リーグの投手の勝ち星のランキング(ハーラーダービー)を見てみますと、こんな感じです。

【セ・リーグ】
8勝:大瀬良大地(広島)
7勝:R・メッセンジャー(阪神)
6勝:菅野智之(巨人)
6勝:O・ガルシア(中日)
5勝:3投手

【パ・リーグ】
7勝:多和田真三郎(西武)
7勝:石川柊太(ソフトバンク)
7勝:A・アルバース(オリックス)
6勝:菊池雄星(西武)
6勝:石川歩(ロッテ)
6勝:M・ボルシンガー(ロッテ)
5勝:4投手

単純に考えると、8勝を挙げている広島カープの大瀬良大地投手が、20勝に一番近いかと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

このページでは、プロ野球2018年シーズンで、先発投手の大台である「20勝」を挙げる可能性や候補、そして、ここ最近で20勝を挙げた投手や、その時のチーム事情なども含めて紹介しますので、楽しんでいってくださいね!

スポンサーリンク

シーズン20勝を挙げるには何勝ペースが必要?

21世紀に入ってからの日本プロ野球は、2005年の阪神タイガースの「JFK」に代表されるように、先発・中継ぎ・抑えの投手の分担が顕著になりました。

「JFK」は、ジェフ・ウイリアムス投手、藤川球児投手、久保田智之投手の頭文字で、「ジョン・F・ケネディ」の「JFK」と掛けての呼称でしたよね。

そして、先発投手も「中6日」で投げることが基本になり、要は、週1回の登板が当たり前になっています。

ローテーションの再編成や、中5日で投げる時期があるとしても、1年間ローテーションを守った投手が1シーズンで投げる登板数は、26試合前後になります。

26試合しか投げない中で、シーズン20勝を達成するのは本当に難しいです。

「7敗」すれば終わりというだけでなく、勝ち負けがつかない試合もありますから、シーズン20勝という数字はどれほど困難なのかは容易に想像がつきますね。

阪神のランディ・メッセンジャー投手は「中5日」で投げることが多いので少し例外ですが、「中6日」でシーズン開幕から現在(2018年6月5日の試合終了時点)まで、ローテーションを守っている先発投手は、9試合~10試合を投げています。

主に4月~9月がペナントレースですから、単純に2か月で7勝していれば、シーズン21勝となりますね。

なので、現時点で7勝している投手が可能性が高いということになりますね。

この時点では、大瀬良大地投手、ランディ・メッセンジャー投手、多和田真三郎投手、石川柊太投手、アンドリュー・アルバース投手の5投手に絞られますね。

では、ここ最近の20勝達成投手を見て、その投手とその時のチームの状況を見ていきましょう。

スポンサーリンク

最近の20勝達成投手は?投手とチーム状況をチェック

一番最近での20勝達成投手といえば、不滅の24連勝のギネス記録を樹立した、楽天イーグルスの田中将大投手ですね。

「中6日」のローテーションが当たり前になった以降のシーズン20勝達成投手を、以下で紹介しますね。

田中将大 2013年

登板 投球回 完投/完封 勝利 敗戦 勝率 防御率
28 212回 8回/2回 24 0 1.000 1.27

2013年の楽天イーグルスは、チーム打率.267、628得点(ともにパリーグ2位)を記録し、初のパ・リーグ優勝、初の日本一を勝ちとる強さを誇っていましたね。

ちなみに、2013年の田中将大投手は、先発登板は27試合で、優勝決定試合の9回にリリーフ登板をして1セーブを挙げ、胴上げ投手になっています。

岩隈久志 2008年

登板 投球回 完投/完封 勝利 敗戦 勝率 防御率
28 201.2回 5回/2回 21 4 .840 1.87

2008年の楽天イーグルスは、パ・リーグ1位のチーム打率.272、そして2013年と変わらない627得点を記録していました。

野村克也監督の最終シーズン、初のクライマックスシリーズ進出を果たし、その中心に岩隈久志投手が君臨していましたね!

斉藤和巳 2003年

登板 投球回 完投/完封 勝利 敗戦 勝率 防御率
26 194回 5回/1回 20 3 .870 2.83

2003年のダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)は、私が知る限り、史上最強打線ではないかと思います。

100打点カルテット(松中信彦123打点、井口資仁109打点、城島健司119打点、ペドロ・バルデス104打点)を要し、3割を記録した打者が6人、チーム打率は驚愕の.297で、どれも日本プロ野球記録です。

822得点という驚愕の数字を記録し、パ・リーグ優勝、日本一を勝ちとり、ここまで6年間で9勝だった斉藤和巳投手が覚醒した年でもありましたね。

井川慶 2003年

登板 投球回 完投/完封 勝利 敗戦 勝率 防御率
29 206回 8回/2回 20 5 .800 2.80

2003年の阪神タイガースは、チーム打率.287、728得点(ともにセリーグ1位)を記録し、エース井川慶投手が20勝を達成して、星野仙一監督就任2年目で、18年ぶりのセリーグ優勝を果たしました。

上原浩治 1999年

登板 投球回 完投/完封 勝利 敗戦 勝率 防御率
25 197.2回 12回/1回 20 4 .833 2.09

1999年の巨人は、チーム打率.265、618得点(ともにセリーグ2位)を記録しましたが、中日ドラゴンズにリーグ優勝を譲る形になりました。

ルーキーの上原浩治投手が、20勝を記録するという快挙を成し遂げました。

スポンサーリンク

20勝の条件:打線の援護・優勝争い・完投能力

ここ20年以内での20勝投手は、紹介した5人の投手で、共通して言えるのは、以下ですね。

「チーム打率、チーム得点が高い」

「チームが優勝、もしくは優勝争いをしている」

「完投能力がある」

これが外せない条件ではないかなと思います。

2018年に「20勝ペースで勝っている投手」の中で、この条件をすべて満たしている投手といえば…

広島カープの大瀬良大地投手、西武ライオンズの多和田真三郎投手ですね。

どちらか1人だけ、と言われたら、私は、大瀬良大地投手を20勝の本命とさせていただきます!(笑)

通算安打の日本プロ野球順位は?日米通算安打ランキングは?

出塁率とは?出塁率の計算式と歴代ランキングと日本記録は?

長打率とは?長打率の計算式と歴代の長打率ランキングは?

まとめ

プロ野球2018年シーズンで、「20勝」を挙げる投手の予想をしてみました。

過去のデータも少し参考にしながらでしたが、いかがでしたでしょうか?

通算200勝投手の可能性が極めて低くなったり、先発投手が記録を出しにくい起用方法になりましたが、シーズン20勝は久々に見たいですね!

可能性がある限り、全投手に期待したいです!

-2018 プロ野球
-, ,

執筆者:

関連記事

セリーグ 2018 4月 振り返り カープ

セリーグ2018年4月のチーム打率防御率や順位で展開を予想

プロ野球の2018年のペナントレースが開幕して、3月・4月が終了しましたね。 セ・リーグとパ・リーグとともに好調のチームもあれば、不調に苦しむチームもありますね。 広島カープが首位ではあるものの、セ・ …

セ・リーグ タイトル争い 2018

2018年前半戦終了|セ・リーグ打者と投手成績のタイトル争いは?

2018年のペナントレースも前半戦が終了し、このページを書いているのは、マイナビオールスター2018の第1戦目で、松坂大輔投手と菊池雄星投手が投げあう日、7月13日です。 セ・リーグの順位はこのような …

月間MVP 2018 7月 山田哲人

月間MVP2018年7月受賞者決定!山田・ジョンソン・アジャ・有原

2018年シーズン7月度の月間MVPの受賞者が発表されましたねー! 発表されたのは、8月8日でした。 セ・リーグの7月度の月間MVPは、以下の2選手が選ばれました! セ打者部門:山田哲人選手(ヤクルト …

2018 9月 10月 月間MVP パ・リーグ 山川穂高 菊池雄星 多和田真三郎

2018年9月10月の月間MVP候補予想|パリーグ打者部門と投手部門

2018年のプロ野球パ・リーグのペナントレース、開幕から圧倒的な強さを見せていた西武ライオンズが、9月30日に優勝を決めました! さらに、クライマックスシリーズ進出争いも、西武を含めたソフトバンクホー …

2018 始球式 今日 最新情報

2018年の今日の始球式は誰?球団別の始球式最新情報はコレ

【2019年3月29日の開幕戦始球式】 → プロ野球開幕戦2019の始球式は誰?全6試合の始球式チェック 【2019年4月2日のホーム開幕戦始球式】 → プロ野球2019年4月2日のホーム開幕戦の始球 …